TOP
99LEAGUEとは?
大会規定
JUDGE
エントリー申し込み
会場アクセス
協賛
過去の結果
2014.9.21 『99LEAGUE vol.2』結果!
vol.1の結果はこちら
★KIDS部門
優勝『T-BLAST』HIP HOP/street dance GROW-UP
衣装、構成、雰囲気、表情、もちろんダンススキルなど、全てにおいてダントツにまとまり、ジャッジや観客を釘付けにしたチーム。前回vol.1でRUSH POPとしてエントリーした2人がこのチームでリベンジかけて挑んできた事にも熱さを感じた。(KANEKO)
2位『Colorop 』HIP HOP/StaRs
一人一人がとてもパワフルで子供らしさを残しつつ自分達の色を出せていたチームだなと思いました。次回はもっともっと細かい所まで合わせ、見せ場があると更に良いなとおもいました。(ナノイ)
3位『梅組 』 4位『BARI×BARI』 5位『HARK』
POP/茂原FUN-D-TION JAZZ/HIROE'S studio
HIPHOP/TEAM CHIKA稲毛海岸
チーム全体に統一感があり自分達のやっているダンスやりたいダンスをしっかりと出し切れていました。身体は小さいながらもそれを感じさせない身体を大きく使ったダンス、そして一番印象に残ったのは表情!!!けして派手な表情をしている訳ではないのですが、勝ちたい気持ち、踊っている楽しさがガンガンこちら側に伝わる力強い眼差しで踊っていたのが印象的でした!これからの成長が非常に楽しみなチームでした。(NOBU) 作品の流れがよくて観ていて飽きさせない構成だったと思います。かっこよかったです。一ついうと手振りをもっと手先で踊るんではなく、身体の軸から踊る様にすると、踊りに深みとか表現力がもっと見えて来るんじゃないかな?と思います。ファイナルも頑張って下さい。(HAYATO JAZZベースのチームですが、もっと上位を目指したいと思うなら、JAZZのテクニックを作品の中にもう少し増やしてあげたり、3人組しかできない技や表現も取り入れると更に3人の良さが引き立つのではないかと感じました。とても綺麗なJAZZを表現できていたので、そこをもっと強調したチームになっていければ、順位も更に上を目指せると思います。今後も期待しています。(Haruna)

★一般部門
優勝『やどかり☆』LOCK/山梨 2位『B-steez』HIPHOP/E-steez fam STUDIO FINE/ 千葉
チーム最小人数の2人でありながら、ステージを縦横無尽にあつかったパフォーマンスと長年積み重ねて来た練習がはっきりと解る質の高いロックダンスでこの日一番心動かされました!作品自体も最初から最後までスキをみせない構成で経験値の高さを感じさせられました。2人組としてはお手本の様な作品でファイナルでも間違いなく会場を沸かせてくれるでしょう!優勝おめでとうございます!(NOBU) 振り、選曲、流れもかっこ良く観ていて凄く楽しめました。ただ一つ、新しいノリとか流行りとかではなく、自分達にしか出せないオリジナルの何かを皆で出せたら強いんじゃないかと思いました。ファイナル楽しみにしています!(HAYATO)
3位『けんG一派』 4位『MAD Cray-G』 5位『Daggle Crew』
LOCK/東京&神奈川 豪快ジャイアンツ
NEW JACK SWING/MAIN BLACK 市原市 DAGGLE/東京
一糸乱れぬルーティーン、スピード感、ファンキーに楽しんでる空気、そしてステージから飛び出して来そうな迫力。観ていてとても気持ちが良かった。LOCKチーム、FINALでは激戦の中大人数のけんG一派がどうまとめてくるか期待します。(KANEKO) NEW JACKのチームで衣装もお洒落で使っている音もとてもかっこ良かったです。好き〜なチームでした!このチームももっと上位での入賞を目指すとすれば、もう少しリズムに遊びがでてステップなどにもニュージャックの独特なのりがプラスされたら、もっとそのHIPHOPの年代が鮮明に押し出されてお洒落な衣装と曲とダンスがマッチし更にかっこ良いチームになると思いました!今後も期待しています。(Haruna) ダンスコンテストでは珍しいジャグリングとダンスをMIXした所がとてもツボで自由さとオリジナリティーが見えました。後半ミスが続いたので次回はそれが無く、もう少し色々な動きが観たい!と欲が出ました。(ナノイ)

★フリースタイルサイファー部門
優勝『夏鈴』(Colorop)
優勝した『夏鈴』はノリ、スキル、立ち振る舞い等、今回輝きが一番強かったです。今後の活躍が非常に楽しみです。(O-TOMO)

ジャッジ『総評』
『コンテスト』
得点的にはキッズ部門も一般部門も優勝チームが飛び抜けて高かったです。2〜5位まではかなりの混戦。更に4〜8位くらいまでも混戦だったので、どのチームにも入賞するチャンスがあると思います。逆に優勝を狙うなら、他のチームを凌駕する特別な何を押し出していかないと難しいでしょう。
振り付け者がいるチームは、その振り付けの意味、その曲でのやりたい事、ニュアンスをチームで濃く濃く共有するとチーム力が格段にアップし、観てる人にもっと伝わると思います。
2度目のエントリーのチームはステージの雰囲気をつかんでいて、実力を発揮していました。このコンテストにかける気持ちが強いチームは、凄くダンスが伝わって来ました。何度もチャレンジして経験値をあげてチームの名をこの九十九里エリアから全国に轟かして下さい。ダンス最高!(O-TOMO)

『サイファー』
ベスト8残るには、ダンススキルだけではなく、場を変える雰囲気、サークルを盛り上げる熱さ等も必要だと思います。普段から音楽をたくさん聞いて色んな人とダンスして人間力を磨くと、おのずとサークルで目立てると思います。ダンススキル的には色んな方向への見せかた、一歩目のかっこよさをもう少し研究してみて下さい。研究した事がナチュラルにでるようになると、かっこいいですね!とにかく楽しむ為には練習と実践です!本番は何も考えず炸裂して下さい!サイファーーーー!!!(O-TOMO)